草薙 由香子(くさなぎ ゆかこ)

子育て心理学インストラクター養成講座

活動地域 東京都、 活動地域 東京都、全国オンライン

ブログ ココロ貯金でママも子どもも幸せになる子育て

〇自己紹介〇

はじめまして。

興味を持っていただき、ありがとうございます。都内小学校で学校サポーターをしています、子育て心理学インストラクター/カウンセラーの草薙由香子(くさなぎゆかこ)です。

私には、絶賛反抗期中の中学3年生の男の子と発達凸凹(ADHD,ASD)マイペースな小学3年生の兄弟がいます。(令和5年8月現在)
====================
突然ですが、こんな悩みありませんか?

□他の子と比較してしまい、子どものダメな点ばかり目がいってしまう

□子どもがゲームに没頭して、話を聞かない

□子どもが昼夜逆転、ジャンクフードばかり食べていることが気になる

□子どもが暴言、暴力、思い通りにならないと大声を出したり、物に当たり散らす

□自分の子育てに自信がなく、子どもの現状に自分のせいではないかと罪悪感でいっぱい

□子どもの成長、発達に不安がある

□子どもにどう対応していいか分からない

□自己流の子育てで行き詰まっている

□みんなと同じようにできない自分の子どもの発達が不安

□子どもが学校、幼稚園(保育園)に行きたがらない

□もう、何もかも疲れてしまい、母親業を辞めたい

□思い通りにならない子どもにイライラする

□自分の子どもなのに子どもの事がよく分からない

====================

いかがでしょうか?

実は、これら全て、以前の私が悩んでいた事なんです。

先ず、私の自己紹介をさせて下さい。

東京の外れ、山々に囲まれた緑豊かな町で厳格な父、お人好しな母、3歳上の優秀な姉の元で育ちました。

●いじめで部活を辞める

のんびりマイペースな私が最初に挫折を味わったのは、中学2年の頃、

仲良かった部活の友人から突然無視され、いじめが始まりました。

この事がきっかけでいつも自信がなく、自分の事はさておき、人に嫌われないようにと人の顔色を見て怯えて生きるようになりました。

●高校受験失敗と摂食障害。

姉のようになりたいと死ぬ気で頑張って勉強したにも関わらず第1希望の高校にまさかの不合格。

何とか二次募集で希望の高校に入学出来たのもつかの間、男子生徒の些細な一言でダイエットに走り、気付けば、病院のベッドにいました。医師から『摂食障害』と診断されたのです。

今でこそ、完璧主義な自分の性格と母親との関わり、家庭環境が原因だと分かりますが、当時は、何故自分がこうなったのか分からず、暗いトンネルの中に取り残されたような辛く苦しい日々を過ごしました。

●1番の挫折は、子育て。

私は、子どもが大好きで子どもが生まれる前から良い子育てをしたいと子育てに関する情報や本を読みあさり、保育園の栄養士として働いていたので、仕事上がりには、延長保育のボランティアもしていました。

なので、子育てには、相当な自信があり、私は、大丈夫だと高をくくっていました。

しかし、いざ、子どもが生まれてみると、育児書通りに行かない!保育園の子どもたちのように言うことを聞かない!と理想と現実のギャップに立たされました。

自分は、大人しくて穏やかだと思っていたのに人が変わったように些細な事でいつもイライラするようになっていました。

●壁に穴があき、顎が外れる程の激しい親子バトル

息子が小学校に入ると困り事が一気に増えました。

朝起きない、学校に行き渋る、宿題しない、夜更かし、ゲーム依存、いじめ(被害、加害)、万引き……

素直に動いてくれない息子にイライラ。それでも怒ってはいけないと暫くガマンしても結局は、怒りが爆発して、声を張り上げ、親子バトルに発展するのが常でした。

息子は、行き場のない怒りを壁にぶつけて家(賃貸)の壁は、穴だらけ。

ある日、ゲームをやめないことに頭に来た私がゲームを取り上げて投げつけ、それに反撃した息子(空手黒帯)の腕が私の顎に当たって顎が外れ、完治するまで1ヶ月も掛かりました。

●完全に昼夜逆転、夜食にジュースとジャンクフード

中学に上がる前にコロナ禍で学校が休校になったことを境に完全に昼夜逆転でゲームやYouTubeを見続け、ご飯はほとんど食べずに夜中にジュースやお菓子、ジャンクフードを食べる生活になりました。

私自身が子どもの時から厳しく『早寝早起き、朝ごはん』を躾けられていたことや栄養士と言う職業柄、睡眠と栄養を大事にしていたので、守れない息子にイライラが絶頂になり、幾度となく心ない冷たい言葉を浴びさせてしまいました。

また、ゲームを買い与え、息子の状況にちっとも協力してくれない夫にも怒りの矛先が向けられました。

●こんな家に生まれたくなかった

そんな家の状況にいち早く、異常を感じ、SOSを出したのは、意外にも甘やかされて育った次男でした。

もともと病気がちで上の子と歳が離れている事もあり、激甘で育てていましたが、

思い通りに行かないとパニック状態になり、自分の頭を打ち付けたり、認知症のように今さっきしていた事を忘れてしまい、落とし物、忘れ物の常習(ランドセルを道端に置いてくる、タブレットを外で落としたまま気付かない)、何処でも寝転がる、お友達や先生の話しが分からない(動けなくなる)等明らかにおかしな行動を取ったのです。

その後、発達検査で次男のADHDとASDであることが判明しますが、私が次男の事で必死になっている間、ほったらかしにされた長男は、ますます状況が悪くなっていました。

ある日、親子バトルになった時に「こんな家に生まれたくなかった」「ほかの子のお母さんの方がよかった」と言われてしまい、完全に親子関係が破綻していた事を思い知らされました。

●会話もなく、触れれば振りほどかれ、ご飯もたべてくれない

その後、話し掛ければ、「ウザイ」「黙って」「キモイ」「ヤメロ」「は?」しか言わなくなり、肩が触れようものなら、汚い物に触ったかのように振り払われ、ヘッドホンをして部屋に閉じこもってゲームをするので、会話もほとんどゼロでした。

また、外出どころか家族団欒でご飯を食べることすらなくなりました。

●今の親子関係は……

そんな修復不可能ではないかと思われるひどかった親子関係ですが、

今は、と言うと

大好きなサッカーチームの試合結果を教えに来てくれたり、

私の好きな飲み物を買ってきてくれたり、

疲れているだろうからと布団を敷いて置いてくれたり、

自作した動画の話や友達の事、やりたいことを自分から話してくれるようになり、

ご飯も自分から食べたいから「作って~」と言って一緒に食べることも増えました。

先日は、一緒に洋服を買いに行った時に同じ洋服を手にしていて、さすが親子だと笑いあいました。

どれも何気ないことですが、そんな穏やかな日常を過ごせることを幸せに感じています。

心配していた学校も友達と居るのが楽しいからと今は、ほとんど休まず登校し、勉強も自分からやるようになって、学力が一気に上がりました!

今、中学3年生で高校受験を控えている状況ですが、息子を信じて見守れるようになったので、何があっても息子は、大丈夫と大きな声で言えます。

●親子共々、変われたココロ貯金

私たち親子がそんな風に変われたのは、子育て心理学協会が提唱する『ココロ貯金』です。

子どもが苦しむのではなく、かと言って親ばかりがガマンするのでもない

ママも子どもも幸せになる子育て法を学んでみませんか?

いつも笑顔でいたいのにイライラしてばかり、そんな自分を責めてしまう

子どもに自信をつけて、もって生まれた才能を伸ばしたいのに上手くいかない

そんな過去の私のように悩んでいるママに

頑張らずに子育てを楽しむための話をお伝えしてまいります。

■ココロ貯金スピード入門申し込みフォーム
https://ws.formzu.net/dist/S951269897/

草薙由香子

活動地域 栃木県、東京都、群馬県、茨城県、※北海道、※東北(※下記参照)
所在地 栃木市

ブログ 【栃木市】ママの学びと癒しの場「ひつじCafe」より子育て応援

〇自己紹介〇

栃木県栃木市で「ママの学びと癒やしの場 ひつじCafe」を主宰しています、佐藤陽子です。
ひつじCafeではママたちのお役に立てる講座を開催したり、個人相談を受けたりしています。(カフェとしての営業はしていませんが、飲み物をお出ししたり、ママたちが作った雑貨を販売したり、カフェ気分を味わっていただけます♪)

これまで私がひつじCafeで開催してきた子育て心理学の講座は173講座・500回以上、講座終修了生さんは延べ263人になりました。(2022年4月現在)
また、教育委員会や市民大学、幼稚園等からの依頼による講演も行ってきました。

私が東ちひろ先生考案の“言葉と行動でママの愛情を子どもに伝える”方法である「ココロ貯金®」を本格的に学びはじめたきっかけは、長男が小学2年生で学校に行きたくないと言い出したこと。
私自身は学校が大好きな子ども時代を過ごし、それが高じて小学校教師の職についたくらいだったので、学校に行きたくない、という感情ににわかには共感できませんでした。だから我が子と行く・行かないを問答し、もがいていたときは、本当に辛かった…。でもあの時間は、お互いを理解するために必要だったと今なら分かります。「ココロ貯金®」の考え方をベースとして辛い時期を乗り越え、信頼しあえる、とてもよい親子関係を築くことができたと感じています。

不登校のお子さんをもつ母親の気持ちや行動を一通り経験してきているので、私は子育てに悩む方たちの気持ちが痛いほどよく分かります。自分の育て方が悪かったのかと落ち込んでしまう方も多いのではないでしょうか。(私もそうでした…。)

ひつじCafeは、まずはママたちが気持ちをたくさん吐き出せる、安心できる場所でありたいとのです。そして、カウンセリングや講座の中でママにたくさんのココロ貯金を貯めて、それがお子さんに巡っていく循環をつくるお手伝いをしていきたいと思っています。

中3・小6の不登校の息子を持つ親として、私は今も奮闘中。子どもの成長に応じて、親の適切なサポートは変わってきます。自分が日々身をもって学んでいることにこれまでの教師としての経験も掛け合わせて、どんどんシェアしていきたいと思っています。

受講者さんたちは、「ここに来るとほっとする」「陽子さんと繋がっていると思ったら安心する」と言ってくださいます。ひつじCafeが、子育てに悩むみなさんにとっての実家のような存在であれば嬉しいなと思っています。だとすれば、私はみなさんの「お母さん」。必要なときはすぐに連絡をくれたらいいし、いつ来てくれても歓迎です。そして、来られなかったとしてもひつじCafeはここにあります。

ひつじCafeの玄関扉は、いつでも開いていますよ。

忙しい日常のなかでも、ママに「ココロ貯金®」を貯めてほしいので、毎朝5:30に公式LINEで子育てのヒントをお伝えしています。
ぜひ毎朝のスタートに、受け取ってくださいね!

◆公式LINEのご登録はこちらから◆
【佐藤陽子@ひつじCafé】
https://lin.ee/uTBIXfs

◆佐藤陽子提供メニュー◆
子育て心理学上級インストラクター・カウンセラー・セラピストとして、活動しています。
オンライン・リアルともに開催中です。

◎子育て心理学講座開講(ミニ講座・子育て心理学講座・子育て心理学ベーシック講座・子育て心理学アドバンス講座)

◎ココロ貯金スピード講座(ココロ貯金スピード入門講座・やる気と自信育て講座・チャレンジング子育て講座)

◎インナーチャイルドセラピー

◎子育て相談・カウンセリング(マンツーマンオーダーメイドレッスン)

◆ブログ◆
ママの学びと癒やしの場「ひつじCafe」佐藤陽子の子育て応援通信 
https://ameblo.jp/kirakira-2005-yoko

◆ホームページ◆
我が家の日常がわかるまさに「ホームページ」です。
卵から孵したコールダックなど動物を育てたり、野菜を育てたり、味噌を作ったり・・・
ぜひ覗いてみてくださいね。
https://kirakira-2005-yoko.amebaownd.com/

子育てを通して、皆さんの幸せが広がりますように。
ありがとうの花束とともに♥

ひつじCafé・佐藤陽子